国際日本研究専攻

平成20年に新設された国際日本研究専攻は平成27年度から博士前期・後期課程となり、教育内容が拡充され、4つの学位プログラム(国際日本複合研究学位プログラム、国際日本社会科学学位プログラム、国際日本人文科学学位プログラム、日本語教育学学位プログラム)を設ける。体系的なコースワークを通じて、現代日本の 特質を解明するための幅広い専門 的領域と俯瞰的なものの見方を修 得する。国際日本複合研究の学融合型の特色を強めながら、社会科学、人文科学、日本語教育学のディシプリン型のプログラムも設け、複雑化する日本を中心とする現代国際 社会の諸課題に対し、専門的能力 を活用する問題解決型・実践型の 能力を養う。旧国際日本研究専攻の成果や教育・研究上の蓄積を引継ぎつつ、新国際日本研究専攻は 早期修了制度、社会人入学制度、昼夜開講制度などの新たな制度を導入し、日本から世界に向けて新たな融合学際型の教育・研究システムを展開する。

国際日本研究専攻のウェブサイトへ