【開催のお知らせ】「海外グラフィック・ノベルで出会い直す名作文学」(令和2年度人文社会科学研究群公開講座)

 2021年2月28日から毎週日曜日に、無料のオンライン講座「海外グラフィック・ノベルで出会い直す名作文学」(3週連続、全6回)を開催します。
 この講座では、海外グラフィック・ノベル(マンガ作品)を通して名作文学を読み直します。この機会にシェイクスピア、カミュ、プルースト、サン=テグジュペリ、カフカ、村上春樹などの作品に触れてみませんか?
 講師を務めるのは筑波大学人文社会系の教員(青柳悦子、吉原ゆかり、平石典子)および、国際コンペティションで活躍するマンガ家の横井三歩氏です。
 学内外を問わず、どなたでも参加できます。(要事前予約。定員40名。参加希望者多数の場合は、可能な範囲で定員を超えて受け付けます)

■開催日時(全6回)
2021年
2月28日(日)14:00~15:15、15:30~16:45 (第1回・第2回)
3月7日(日)14:00~15:15、15:30~16:45 (第3回・第4回)
3月14日(日)14:00~15:15、15:30~16:45(第5回・第6回)

一部の講義だけの受講も可能です。
全6回すべての講座を通して参加された方には、後日郵送で修了証を送ります。

■各回の講義内容

・2月28日(日)
第1回: 14:00-15:15 講師:青柳悦子
”境界”に立つ作家としてのアルベール・カミュ:『異邦人』『客』『最初の人間』について

第2回:15:30-16:45 講師:青柳悦子
フランス文学作品をめぐって:プルースト『失われた時を求めて』、サン=テグジュペリ『星の王子さま』など

・3月7日(日)
第3回:14:00~15:15 講師:平石典子
シュールな物語の視覚化:フランツ・カフカと村上春樹(1)

第4回:15:30~16:45 講師:平石典子
シュールな物語の視覚化:フランツ・カフカと村上春樹(2)

・3月14日(日)
第5回:14:00~15:15 講師:吉原ゆかり
シェイクスピア、しち面倒臭い、が、漫画にすればわかるかも

第6回:15:30~16:45 講師:横井三歩
文学作品をマンガ的に読み込む。現役作家による講義と読書体験ワークショップ
(体験型授業ですが、視聴のみの参加も可能です。)

■受講方法
Zoomによるオンライン講義形式で行います。高校生以上であればどなたでも参加できます。定員は40名で、参加費は無料です。
(インターネット環境は各自ご用意ください。)

■お申込み方法
下記URL またはバナーのQRコードからお申し込みください。
https://forms.gle/wRUc21KDAasC29Cu7

■お問い合わせ先
aoyagi.etsuko.gn#@#u.tsukuba.ac.jp (担当:青柳)
(#@#を「@」に置き換えてください)

主催:筑波大学人文社会科学研究群
担当教員:青柳悦子、平石典子、吉原ゆかり 
協力:トランスボーダー ・マンガ・リサーチグループ*、横井三歩
*トランスボーダー ・マンガ・リサーチグループは、地域研究、文学研究、情報工学、図書館情報学、芸術 学など多様なバックグラウンドを持つ研究者の相互作用・協働を通して、国境、時代、制作者と読者、アー トとビジネス、大学と社会といった様々な壁を越えた多面研究の展開を目指し、設立したものです。
トランスボーダー ・マンガ・リサーチグループ公式ブログhttp://transbordermanga.blogspot.com/

■本講座 公式サイト
http://transbordermanga.blogspot.com/2021/01/blog-post.html

Tags: 

  • 一般情報